この記事は寄稿したものになります。

・寄稿先

【パチンコ屋の裏話 現役店長楽太郎のお部屋】

2020年1月19日現在、SNS界隈では前澤友作さんの100万円お年玉企画が話題になっています。

その証拠に、日本のトレンドにも早速ランクインしておりました。

お年玉の当選ツイートをしてわずか3時間後に日本のトレンド入り。

そのツイート内容がこちらです。

恐るべし前澤友作さんです。

因みに当然確率は約1/4100。GOD確率の1/8192より簡単です。

また、Twitterフォロワーランキングもお笑い芸人の有吉さんを抜き1位に輝いたそうです。

前澤さんの劇場はいつまで続くのでしょうか?

さて、世間では100万円のお年玉で騒がれていますがパチンコ業界にもお年玉があります。

しかも、それは特定の人物に限って貰えるお年玉です。

今日は私が経験したパチンコ業界のお年玉についてお話しします。

パチンコ業界のお年玉

パチンコ業界においてお年玉と言うと、

「出玉を沢山出す方法!?」

なんていうのが頭に浮かんでしまいます。

今回お話しするのはそういったものではありません。

私も実際経験した事のある確実にお年玉を貰える方法なんです。

しかし、これは特定の人物に限られてしまいます。

それは、パチンコ業界に勤めている営業マンだからなせる技です。

なぜ、営業マンがお年玉を貰えるのか?

その辺を書いていきたいと思います。

パチンコ業界営業マンが貰えるお年玉

営業マンをやった事ある人なら分かると思いますが、

年の初めには【新年の挨拶周り】があると思います。

今年もお世話になるお得意様に新年の挨拶。

とても大切な行事です。

この新年の挨拶周りの際にお年玉が貰えるんです。

額の平均は約1万円。

私の経験上、特別な場合を除いてはほとんどが1万円です。

お得意様への挨拶のはずが、こちらがお年玉を頂く立場に。

大変有り難い話しです。

こういったお客様にはより一層力を尽くしたいと思ってしまいます。

正に現金な奴です。

当然ですが、全てのお客様からお年玉を頂くわけではありません。

特定のお客様に限られます。

今まで私がお年玉を頂いてたお客様の特徴について簡単に触れていきます。

お年玉をくれるお客様の特徴

①その企業のオーナー様

大体のケースがオーナー様から直接お年玉を貰います。

お金の出どころはやはりオーナー様になります。

雇われている方から直接お年玉を貰った事はありません。

②中小企業様

大手様になればなる程お金の管理がしっかりしているのか。

また、大手様になればなる程オーナー様にお会い出来るケースも少ないです。

そういった事からも中小企業のオーナー様から頂くケースが多いです。

なぜ営業マンにお年玉をくれるのか?

私も最初にお年玉を頂いた時は衝撃を受けました。

なぜなら、営業マンはお客様から売上を貰っています。

言うならば立場はお客様の方が上です。

普通の話しであれば営業マンがお客様に接待するもの。(※当業界は逆もよくある)

本当最初は不思議でした。

しかし、よくよく話しを聞いてみると理由はたった1つでした。

【感謝の気持ち】

これだけだそうです。これはお年玉を頂くどのお客様にも共通している事です。

「去年はありがとう!今年もよろしくね!」

この気持ちだけで営業マンにお年玉をくれるのです。

額にしてみれば1万円ですが、

この気持ちで受け取ったお年玉は1万円以上の価値があります。

また、今年も頑張ろう!と勇気をくれる1万円です。

営業マンでの奪い合いが始まる

こういったお客様がいると、営業マン同士での奪い合いもあります。

A「〇〇さんからお年玉1万円貰った!」

B「えー!いいねー!(そのお客様担当したい)」

本当、現金な人間ばかりです。

本来であれば沢山買ってくれるところや、目標が付きにくいお客様を担当したいもの。

しかし、お年玉と聞けばそれは全て度外視です。

最後に

①前澤友作さんの100万円より確実に貰える1万円のお年玉。

②感謝の気持ちで貰える1万円のお年玉は1万円以上の価値がある。

実際に私が経験した事を紹介させて貰いました。

パチンコ業界以外にもお年玉をくれるお客様はいそうですね!

大変有り難いお話しです。

残念ながら前澤友作さの100万円企画は当選しませんでした。

しかし、こういったお客様の為にも100万円以上の付加価値が出来るよう尽力する次第です。

お金じゃ買えない価値がある。

以上、【前澤友作100万円お年玉より確実!?】パチンコ業界でお年玉を貰える事実でした。

ブログ村

にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
にほんブログ村 ↑記事が良かったら応援【PUSH】下さい!!