年末撤去後についての会話

最近、私はお客様にこんな質問をよく投げ掛けます。

ペガサス
ペガサス

年末撤去後のラインナップはどうお考えですか?
また、来年以降はどんな市場状況になっていると思いますか?

ここで色々なご回答を頂きます。

その回答を紹介しつつ、私なりの考えをここに書かせて貰います。

年末撤去後のラインナップ

・6号機の新台で、もう既に入替完了予定

大まかにこの3つが回答として頂く声になります。

年末の入替機種に関しては、概ね問題無く終える予定かと思います。

問題無くというのは、あくまでも入替が完了するという意味です。

入替が完了しても、昨年同様の売上や稼働が保てる訳ではありません。

現に、昨年比で10月11月の稼働はどこも低迷しています。

入替が完了しても、売上や稼働が担保できるかは不透明な状況です。

来年の市場状況

・全く検討が付かず、恐怖でしかない

こちらに関しては様々な意見を頂戴します。

私の見解としては、どんなにいい機械が出たとしても、現状維持or激減です。

6.1号機が出たとしても、結局出玉性能に大きな影響はありませんから。

来年以降どう動くのか?又は既に動いているのか?

・広告規制の観点から何も出来ない

細部まで話してくれない人もいますが、大きな打開策は見つかっていない状況です。

会社の利益を確保するには、

「無駄なコストを削って、客単価(売上)や稼働を上げていく事」

これは、誰もが知っている事だと思います。

しかし、客単価や稼働を上げるのが難しい以上、コスト削減されるのが目に見えます。

当然、そのコストには人件費も含みます。

給料が下がる可能性もあります。そこで私からの提案です。

私からの提案

・無駄を見つけて排除していく

とにかく、今ある業務の洗い出しです。

全て紙に落として、

「自分・部下・同僚がしている業務」を書いてみて下さい。

また、1日のルーチンワークも書いてみて下さい。

必ず無駄な業務や改善できる業務があるはずです。

思い付いた例を挙げていきます。

・業者との打ち合わせ時間

気がついたら雑談だけで1時間話したりしてませんか?

その1時間があれば、何が出来ますか?

・部下が不要なタバコ休憩

1日5回×5分=25分

25分あれば何が出来ますか?

・朝礼の時間

それは本当に必要ですか?

入社してから朝礼をするという文化があるからやっているだけで、実は無駄だと思ってませんか?

・日報を書く時間

今は音声で文字を起こしてくれる時代です。

文字を打つより話した方が早く無いですか?

こういった無駄な時間を減らせば、本当に必要な時間に充てる時間が持てます。

それを、業務改善を考える時間に充てて下さい。

それを実行してみて下さい。

間違い無く、無駄な人件費(残業)を減らせるはずです。

生産性も向上します。

「日本マイクロソフト」は週休3日にして40%も労働生産性が上がったというデータがあります。

大切なのは、働く時間では無く「働く質」です。

最後に

2020年は売上・稼働共に低下すると予想されます。

また、機械の入替で益々出費が重なります。

利益を出す事も大切ですが、無駄を省く事も大切です。

自分達が出来る小さな事から取り組んでみては如何でしょうか?

こんな事現場では言えないので、ここに書かせて貰いました。

以上、「スロット年末撤去後の未来を想像出来ない貴方へ」でした。

ブログ村

にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
にほんブログ村 ↑記事が良かったら応援【PUSH】下さい!!