ぱちんこ・スロットの遊技機を販売しているとついつい出てしまう「盛りグセ」

私も話しを持ってしまいます。

しかし、過剰に盛ってしまう友人がいるんです。

今回はそんなお話し。

営業マンの盛りグセ

・営業マン盛りグセとは

商品やサービスを少しでも良く見せようと、本来の事情・数字と異なった事を顧客に伝える事

私は「盛りグセ」というのをこのように定義しております。

例えばAという機械について説明します。

Aという機械のセールストーク例

Aは過去に高稼働を誇った旧Aの続編です。

旧Aの実績

・稼働貢献週 5号機で歴代5位の記録がある

・中古価格も70万円台を6ヶ月キープ

・続編を楽しみにしているユーザーが2万人いる

こういった実績があるとします。

続編Aのセールスをするのに、この過去実績を伝えるのは武器です。

この武器を使ってセールストークするとこんな感じになってしまうのです。

ペガサス
ペガサス

旧Aは5号機でも歴代で5本の指に入る稼働実績です。
中古価格も半年以上に渡って80万円近くで推移してました。
続編を期待しているユーザーも2万人強います。
なので、次機種のAも期待して貰って大丈夫です!

分かって頂けるでしょうか?

・歴代5位→5本の指

・70円台→80万円近く

・2万人→2万人強

このように少しでも良く見せようとしてしまうのです。

営業の悪い癖でもあります。

しかし、この程度であれば許容範囲の嘘かと勝ってに思っております。

しかし、私の友人はとんでもない角度から話しを盛るのです。

そんな友人との何気ない会話を紹介します。

友人の盛りグセ

それは、マクドナルドに行こうと提案した時でした。

ペガサス
ペガサス

途中、マクドナルドでドライブスルーしてから行こう!

いやー、良いけど、あんまり気が進まないなぁ。

ペガサス
ペガサス

なんで?

会社行く前に結構マクドナルド行っててさ、年間300回は朝マックするんだよね。

ペガサス
ペガサス

そんな行ってるんだ!そりゃ気が進まないわけだ。
じゃあ、コンビニ寄って行こう!

こんな会話があったのです。

この時は「マックにめちゃくちゃ行ってて飽きてるのかー…」くらいにしか思いませんでした。

しかし、ちょっと考えてみて思ったのです。

年間300日朝マック!?

いやいや、おかしいだろ。

年間は365日しかありません。

そして、会社に行くのは週5日勤務だとしたら1ヶ月で20日。

1年でも240日しかありません…。

いやいや、盛り過ぎだろ!

盛りグセは営業マン誰にでも多少はあると思います。

なので、多少ならば全然気にならない体質なのですがさすがに盛り過ぎてて…。

途中この事実に気付いた時には、ニヤニヤが止まりませんでしたがそっと心の中にしまいました。

営業マンの盛りグセ まとめ

・営業マンには盛りグセを持っている人間がいる。

・その盛りグセが癖になると、とんでもない数字を叩き出す。

この友人は昔からの付き合いなので仲が良いです。

しかし、営業歴が長くなるに連れて盛りグセが過剰になっているように感じます。

今度同じ事があったら、笑いながら優しく伝えてみます。

以上、営業マンの盛りグセについてでした。

ブログ村

にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
にほんブログ村 ↑記事が良かったら応援【PUSH】下さい!!