・営業心理テクニックを使います

返報性の原理とは

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。

返報性の原理

人から何かされたら、お返しをしたくなるという人間心理です。

これは誰にでも備わっております。

こんな実験結果があるそうです。

Aさんは商品券をBさんに購入させたいと思っております。

その際にAさんは缶ジュースを買いに行くと言ってBさんの分も買いに行きます。

Bさんに缶ジュースを渡すのと、渡さないのとでは商品券の購入率に2倍の差が出たそうです。

これは2人1組を何ペアか作っての実験です。

デニス・リーガン博士によって行われました。

このように人は他人から何かされたらお返ししたくなる心理を持っています。

また、スーパー等である試食コーナーもこの原理を上手く利用しています。

「試食したら買わないと申し訳ないな」というのがこの原理です。

返報性の原理 応用

この原理は日常でも応用できます。

例えば、部下や後輩に仕事を振る時です。

何気ない仕事内容の依頼でも部下によっては、

こんな仕事振らないで欲しいなぁー。
面倒くさい自分がやればいいのに…。

と口に出さないだけで思っている可能性はあります。

なので例えば普段から、

  • ・ご飯をご馳走してあげる
  • ・ジュースをご馳走してあげる
  • ・部下の仕事を率先してやってあげる
  • ・褒めてあげる

こういった何でもいいので「恩に感じて貰える事」が大切になってきます。

この行為が、本当に部下や後輩の心に届いていれば仕事を振った際に、

普段から色々して貰っている上司だ!
このくらいの仕事は頑張ろう!

とやる気にさせる事も可能になってきます。

しかし、それを「普段からよくしてやってるのに、何で仕事しないんだ!」と叱るのはNGです。

それは恩に感じてない証拠なので他の策を考える必要があるからです。

返報性の原理 パチンコ業界での応用

これは普段私みたいな営業マンも活用しているテクニックです。

例えばこんな例です。

ペガサス
ペガサス

今回かなりパンクして機械お持ち出来そうにありませんでした。
でも、御社の為に頑張って持ってきました!

ざっくり言うとこんな感じです。

これが、本当にそうであれば効果的になります。

実際に近隣店舗の導入台数や全国の導入台数等で気付いて貰えるからです。

しかし、どこも満額用意出来ているにも関わらずこの言葉を使うのはあまりお勧めしません。

信頼を欠く可能性があるからです。

さらにそこに付随して、次はお願いしますね!なんて言った日には言語道断です。

しっかり、恩に感じて貰えるタイミングでこの言葉を使うのが1番効果的になります。

返報性の原理 まとめ

・人は他人から何かされると恩を返したくなる。

・相手にお願いしたい時は先ず自分から恩を売る。

・相手に見返りを無闇矢鱈に求めてはいけない。

この心理テクニックを使う事で、相手との関係性を維持しながらお願いを聞いて貰えるかもしれませんね!

私は事務員さんへのお菓子を買って帰る気配りは忘れた事はありません…。

以上、お願いを聞いてもらいやすくする方法でした。

ブログ村

にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
にほんブログ村 ↑記事が良かったら応援【PUSH】下さい!!