2019年7月21日は参議院選挙です。

忘れずに投票にいきましょう。

おだち氏 選挙について思う事

今回紹介するのは、ぱちんこ業界全体で推しているおだち氏の話し……。

では、ありません。それを期待していた方はすみません。

本当は書いてみたいのですが、公職選挙法に違反する恐れがあるのでリスク回避します。

ペガサス
ペガサス

改めて選挙って大切だよね!というお話しです。

最後の方には、ぱちんこ業界に落とし込んで話していこうと思います。

投票について

選挙は大切なんて、小学校から先生に言われ続けてきた事だと思います。

でも実際のところ、

私なんかが投票しても意味ないよ!どうせ投票したところで何も変わらないし。だったら面倒くさいから行かない方がマシ!

等の理由から行かない人が大半かと思います。

現に投票に行く人の割合は、

平成28年7月に行われた第24回参議院議員通常選挙では、10歳代が46.78%、20歳代が35.60%、30歳代が44.24%となっています。(全年代を通じた投票率は54.70%)

総務省 より引用

総務省 より引用

投票に行ける権利を持っている約半分の人が、投票に行っていないのが事実としてあります。

日本の投票率の順位は196ヵ国中158位だそうです。

他国に比べてそれほど政治に興味が無い国になります。

本来、選挙というのは国民が勝ち取ったもののはず。

なのに、今は行っても意味ないという風潮を強く感じてしまいます。

選挙があっても無理矢理その政党に入れなきゃいけない雰囲気のある国。

そんな国からしたら、日本は恵まれていると思います。

選挙の大切さ

行っても意味ない等の議論は置いておいて「選挙は大切だよね」という話しをしていきます。

貧富の差

突然ですが、今のあなたはお金持ちですか?

これを読んでいる人の大半はお金持ちではないと思います。

このグラフを見て頂ければ分かると思います。

富裕層と呼ばれる人達は約5%しかいません。

残りの95%は中間層以下になります。

このデータを見てどう思いましたか?

「まぁ、そうだよねー」

って思う反面、普段の日常で会社に対して、

ふざけんな!もっと給料上げろ!儲かってるの社長だけじゃないか!!

こんな感じで思ってる人も多いんじゃないんですか?

いえいえ、それを望んだのは皆さん自身なんです。

どういう事か書いていきますね。

貧富の差を望んだのは皆さん自身

この貧富の差が広がったのはいつからかご存知でしょうか?

2001年頃からだそうです。実はこれ小泉内閣の時と一致します。(東京新聞より

その時行った政策の一部がこれです。

◆聖域無き構造改革

・公的サービスの民営化

公的サービスの民営化は不良債権の処理目的。

・派遣法見直し

派遣法は例外扱いで禁止だった製造業や医療業務への派遣解禁。

専門的な26業種は、派遣期間が3年から無制限に。 それ以外の製造業を除いた業種では派遣期間の上限を1年から3年に。 

このような政策によって日本の景気は確かに回復しました。

でも皆さんそれは今も実感できていませんよね?

今も戦後以降最高の景気回復を見せています。所謂「アベノミクス」です。

でも、景気回復が実感できていない。

理由は小泉内閣で行った政策が、景気回復と同時に貧富の差を起こす政策だったからです。

貧富の差 非正規雇用

行った派遣法の見直しによってフリーターや派遣労働者が増加しています。

2000年頃は非正規雇用の割合が約25%に対して、2019年現在は約37%まで上がっています。

経営者が従業員を安く雇って使うのが見え見えの政策ですよね?

当然これによって、経営者と労働者に貧富の差が生まれてきてます。

今となれば、確かにそうだなと思うかもしれませんが、当時皆さんどう思いましたか?

当時の小泉内閣の支持する理由がこんな感じです。

①首相を信頼する②他に適当な人がいない③だれでも同じ④リーダーシップがある⑤政策がよい⑥印象がよい⑦首相の属する党を支持している⑧連立内閣だから⑨なんとなく-の9つ

https://www.crs.or.jp/
backno/old/No559/5591.htm

真意に気づけている人は少ないんです。

そして、政権支持率も歴代総理大臣で2位だそうです。

皆さんが支持していた小泉内閣は、景気回復の為に貧富の差をつくったのです。

当然これによって景気は回復して、経営者や投資家等のお金持ちはさらにお金を手に入れる事ができました。

しかし、皆さんはどうでしょうか?

これを見ている人の多くは中間層以下の収入かと思います。

お金持ちではない皆さんが、貧富の差が生まれる政策を望んだんです。

同調心理もあり、皆さんが今の日本になる事を望んで支持し投票したんです。

その結果、今の日本があります。

選挙によって何かを変えるのは自分自身

今働き方改革で色々な政策が取られています。

  • 残業是正

    ・副業推進

    ・同一労働同一賃金

    ・終身雇用崩壊?

    ・最低賃金見直し

高齢者を誰が支えますか?

非正規雇用の人や貧しい人が支えられますか?

この政策は私の見解だと、

ペガサス
ペガサス

中間層の収入を上げつつ、高齢者になっても収入を得られ続けるようにする!自分の身は自分で守る!
そんな政策!?

だと考えております。

長い年数働いて、自分の身は自分で守らなきゃいけない時代に差し掛かってきてます。

おだち氏 選挙について思う事 まとめ

さぁ、皆さんこれから先どうしますか?

おそらく今見て頂いてる多くの人は、ぱちんこスロットに携わっている人だと思います。

ぱちんこ・スロット業界の未来は明るい方がいいですか?暗い方がいいですか?

しっかり見極めて投票すべきだと思いませんか?

自分たちの未来は自分たちで作るしかないんです。

だから、選挙って大切なんですよね。

自分がなりたい方向を目指してくれる、政党や人を指名する。

自分の未来をその人に託すのが政治です。

今一度、選挙によってこの業界にどんな事をしてくれるのか、「自分自身の目」で確認して納得して選挙には行くべきかと思います。

以上、おだち氏の選挙について思う事でした。

※この記事は全て私の持論になります。私が正しいと思うか思わないかも自分の目で確かめてくださいね!

ブログ村

にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
にほんブログ村 ↑記事が良かったら応援【PUSH】下さい!!