・初心者向けです

【寄稿先】
パチンコ屋の裏話 現役店長楽太郎のお部屋

今回ご紹介するのはパワーポイントの作り方のちょっとした工夫です!

見栄えにポイントを絞った話しです。見栄え良くしたいのにできないという方の悩みを解決出来たら幸いです。

営業や会議で使うパワーポイント資料をつくるのが苦手な人の参考になればと思います。

パワーポイント 悩み対象者

・プレゼン資料を華やかにしたい

・見栄えを綺麗にしたい

・見やすく作りたい

・文字だらけになってしまう

これらの悩みを抱えてる方に読んで頂くのが良いと思います。例も出しながら紹介していきます!!

その中で最近よく見かける「いらすとや」様の画像を使っていきます。誰でも無料で使えるので良かったらどうぞ使ってみて下さい。

いらすとやホームページ

パワーポイント 失敗例

まずは、こちらのパワーポイント資料をご覧下さい。

よくありがちな文字だらけのパターンです。

ちょっと大げさに作ったのですが苦手な方はこんな感じじゃないでしょうか!?

問題なのは、

①話し言葉を記載している

②見栄えが美しくない。

これだと発表する際も結局書いてある文字を読むだけになります。また、読み手も飽きてしまいます。

プレゼンで大事なのは目で見ても分からない事を補足する事です。書いてあることをツラツラと読み上げるのは基本NGになります。

そして、特にパワーポイントはインパクトを与えるのも重要なポイントになります。

これでは視覚でインパクトを与える事ができてません。これであればワードやエクセルで十分です。

①極力話し言葉は書かない

②視覚で訴える

③文書はポイントを絞って箇条書き

これらを念頭に入れて置くとより良いパワーポイントが出来上がってきます。

パワーポイント 工夫実例

「見栄えにポイントを絞ったやり方です。」

第1行程

・文字を画像に起こしていく作業

先ほどのパワーポイントの「もの・こと・事象」をオレンジ色にしてあります。画像にできそうな単語をひたすら探します。

そうするとこんな感じになります。

画像に起こせそうな「もの・こと・事象」にマークしました。そしてそれを「いらすとや」様で検索します。

「お店」というキーワードなんかで検索するとこんな感じで出てきます。私は、ぱちんこ・スロット業界なので「ぱちんこ 店」なんかで検索かけたりします。

これらの文字にしてたもの画像に置き換えるとこんな感じになります。

これで第1行程終了です。

第2行程

・画像に置き換えたものを配置し、キーワードを載せる

配置はセンスも大事になってきますが画像に置き換えれていれば何とかなります。

画像の配置・文言を並行していく感じです。文言に関してはキーワードを置いて置くだけで十分です。

そうすると、

これで最初のパワーポイントよりも見栄え(インパクト)は強くなったかと思います。

比較してみるとこんな感じです。

左は話す言葉。右はイメージ化したものです。

右の資料を画面に映しながら「現状担当顧客が多く全ての店舗様に機械をご案内できていない状況です・・・」

と伝えるべき内容を口頭で捕捉していけばOKです。

こんな感じで画像を増やし文字を減らすとよりいいプレゼンに仕上がるかもしれません。

パワーポイント 工夫まとめ

①言いたいことを全て文字に起こす

②その中から「もの・こと・事象」で画像にできそうなものをピックアップ

③画像配置とキーワードだけ載せる

これらの手順を踏めば今まで文字ばっかりだったパワーポイントも見栄えがよくなると思います!

他にも色々な手法やこれ以外にも方法はあるので参考程度にして頂くのが良いかと思います。

※あくまでもプレゼンのゴールは相手に感動させ商品を購入して貰う事。それのツールがパワーポイントなので正解なんてありません。

以上、パワーポイント見栄えを良くするちょっとした工夫についてでした。

ブログ村

にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
にほんブログ村 ↑記事が良かったら応援【PUSH】下さい!!