スポンサードリンク
・メーカー公表値の闇は存在します。

皆さんがぱちんこやスロットを打つ時に数値を気にして打ちますか!?所謂「ガチ勢」なんかは数値は必須かと思います。また、魅力の一つの出玉率。こちらも高ければ高いほど魅力的ですよね!そんな数値は本当に正しい数値のかという疑問について触れていきます!

メーカー公表値とは

まずはメーカー公表値を紹介しないとこの問題は解決できません。

メーカー公表値とは「メーカーから発表される数値」です。

当たり前の事なんですがその名前の通りです

しかし、このメーカーから公表される数字は全て正確ではない可能性があるのです。

皆さんが何気なく見ている「出率・小役確率」などはあくまでもメーカーから公表されている数字です。もしかしたら事実と異なる数字かもしれません。

なぜなら、メーカー公表値=保通協試験(型式試験)の数値とは限らないからです。

遊技機は必ずこの試験を通過してから市場に出回ります。

要はこの試験を通過した時の数字が正式な数字でメーカー公表値はあくまでもメーカーが発表している数字でしかないのです。

↓関連記事はこちら

保通協(保安通信協会とは)

【型式申請(試験)】と【検定申請】とは ぱちんこ・スロット

メーカー公表値 事実と異なる数値を発表するの!?

じゃあ、嘘が付き放題じゃん!と思われる方もいますが実際はには・・・

ほとんどありえません!!

・理由としては

①嘘を付くメリットが少ない

②嘘がバレる可能性がある

他にもあるかも知れませんが私が思い付くのはこのくらいです。もし仮にメリットがあるとすれば販売台数を伸ばす為です。

例えば112%の機械とセールスする時

ペガサス
ペガサス

6号機現行最高峰の114%です!! ユーザーの注目度は間違いなく高くなります!!

とセールスした方が売れやすくなるからです。しかもこのセールスで使った数値が基本的にはメーカー発表値になりユーザーの情報ともなります。

しかし、これでどのくらい販売台数が伸ばせるのか?という疑問。

そして実際市場で機械が稼働した時の数字がメーカー公表値とかけ離れていたら大問題にならない?という点です。

メーカー公表値の闇 まとめ

①メーカー公表値は事実と異なる数値で発表する事は可能

②メーカー公表値を偽るメリットが少ない

こんな感じになります。あくまでも私が知り得る情報だけなのでサンプルは少なめです。もしかしたら「事実の数値とメーカー公表値」が異なるところもあるかもしれません。

ブログ村

にほんブログ村 スロットブログ スロット情報へ
にほんブログ村 ↑記事が良かったら応援【PUSH】下さい!!